主婦による自己破産マニュアル

主婦が自己破産したらどうなるのか知っておくべき?
自己破産のリスクとデメリット!?

自己破産,主婦,女性,借金問題

あなたは、だんなさんやご主人さまに内緒の借金や、子供さんに内緒の借金問題で悩んでいませんか?

 

 

このサイトは、だんなさん・ご主人さまとの結婚前に作ってしまった借金や、結婚後にだんなさん・ご主人さまに内緒で作ってしまった借金問題など。

 

 

日々悩みを抱えて困り果てたあなたに、自己破産のリスクやデメリットを理解してもらい、借金問題を解決してほしいという思いで記事を書いています。

 

 

 

自己破産は債権者からの取立てから開放されて普通の生活が取り戻せます!

自己破産は、あなたの住所地を管轄する裁判所に自己破産申請することが一般的です。

 

 

具体的には、現在所有しているあなた名義の高額な財産を処分する代わりに、債務超過の正当性が認められれば、借金や債権を免除してくれるという債務者にとっては非常にメリットのある制度です。

 

 

しかし、借金のある人が誰でも申請すれば、借金が免除されるというわけではなく、自己破産の手続きや、審査には裁判所の裁判官のきびしい目がありますので、自己破産申請する際にはしっかりとリスクやデメリットを考慮しておく必要があります。

 

 

また、あなたが考えている自己破産ですが、毎年自己破産申請して破産する人は、平成15年に約24万人をピークに平成27年度は約7万人と、減少傾向にありますが自己破産する人たちの中には、少なからず主婦の方が含まれています。

 

 

他の主婦の方でも自己破産しているので、あなたが特別ではないことを認識し、自己破産することによる劣等感や、羞恥心は気にしないようにしてください。

 

 

大切なことは、自己破産してしまうまで債務超過状態に陥ってしまった原因をしっかりと追求し、今後は同じような状態にならないように工夫と努力することが必要です。

 

 

また、債権者からの取立てに怯える日々や、だんなさん・ご主人さまや、子供さんに借金問題がバレないかと心配する、心労から開放して普通の生活を取り戻すことがいちばん大切です。

 

 

自己破産したらどうなるのかリスクとデメリットをあなたなりにしっかりと理解し、前向きに進みましょう!

 

 

 

自己破産は主婦にリスクやデメリットはそんなにない!?

自己破産のリスクやデメリット

 

・99万円以上の現金

 

・『あなた名義』の20万円以上する不動産や、動産、積立型の保険、貯金などは処分される

 

・自己破産後、5〜7年間は借金やクレジットカードが作れなくなる

 

・自己破産後、『官報』という国が発行する情報誌にあなたの情報が掲載される

 

・自己破産後、7年間はほぼ再度自己破産できない

 

・税金や罰金などは免除されない

 

 

自己破産することによるリスクやデメリットはだいたいこういった感じです。

 

 

よく考えてもらいたいのですが、今あげた中に主婦のあなたが自己破産した場合に困ることってありますか??

 

 

・99万円以上の現金

これは生活するために必要だとされるお金なので、処分対象になりません。

 

 

ちなみに「処分」とは、現金化して債権者に平等に分配するという意味になります。

 

 

・『あなた名義』の20万円以上する不動産や、動産、積立型の保険、貯金などは処分される

『あなた名義』であれば、処分されますが、だんなさん・ご主人さま名義ならば処分されません。

 

 

また、貯金はおろしておけば99万円の中に含まれていても問題ありません。

 

 

・自己破産後、5〜7年間は借金やローン・クレジットカードが作れなくなる

こればかりは自己破産する上では致し方ないことでしょう。次に紹介したデメリットにも関係あることです。

 

 

 

・自己破産後、『官報』という国が発行する情報誌にあなたの情報が掲載される

この『官報』という情報誌であなたの住所と名前が掲載されるわけですが、一般的に『官報』は出回っているものではなく、特別なことがない限り、閲覧することもないと思います。

 

 

しかし、先に紹介したように消費者金融やローン会社・銀行などが利用している信用情報機関がこの情報に掲載されているあなたの自己破産情報を確認し、信用情報に『事故者』として登録します。

 

 

よって、5〜7年間は借金やクレジットカード・ローンなどの契約は難しくなるわけです。

 

 

しかし、仮に契約が難しくなっても、あなたのだんなさん・ご主人さまは関係ありませんので、主婦の方にはほぼデメリットとは感じないのではないですか?

 

 

・自己破産後、7年間はほぼ再度自己破産できない

これは今後のあなたの生活によりますが、きっちりと今後の生活を見直し、再び借金問題でお金に困らないように日々考えておく必要があるでしょう。

 

 

・税金や罰金などは免除されない

このデメリットもだんなさん・ご主人さまの収入があれば、問題ないのではないですか?

 

 

以上のように代表的なリスクとデメリットを紹介しましたが、あなたが主婦であれば、そこまでリスクやデメリットに感じることはないのではないでしょうか?

 

 

だんなさんや子供さんにバレない?主婦の自己破産とは!?

自己破産のリスクとデメリットで理解してもらったように、自己破産したということはだんなさんや子供さんにバレないようにすることは可能です。

 

 

また、裁判所からの郵送物に関しても、例えば、自己破産の手続きを依頼した弁護士や司法書士の事務所あてに発送してもらうようにすれば、郵送物に怯える必要もありません。

 

 

また、債権者からの借金の取立てに関しても、弁護士や司法書士に間に入ってもらうことで、直接の電話や郵便などでの督促行為自体もなくなるので、あなたは安心して自己破産の手続きを進められます。

 

 

ご近所さん、ママ友、にもバレない?自己破産のデメリットを検証!?

自己破産,主婦,女性,借金問題
自己破産した後でも、ご近所さんやママ友などの友達関係にも、あなたがしゃべらない限りわかることはありません。リスクとデメリットで紹介したようにあなたが自己破産した後にあなたの情報が掲載されるのは、『官報』という国の機関誌と、信用情報機関になります。

 

 

しかし『官報』については、年間7万人もの人が自己破産するわけですから、あなたのことを調べ当てるだけでも大変ですし、あなたの名前で検索することもできませんので、まずバレることはありません。

 

 

そして、信用情報機関になりますが、こちらも個人情報保護が厳しく指摘されている中、あなたがローンや借金の申込をしない限り、業者もあなたの情報を見ることはできません。

 

 

そしてもちろん公開されることも決してありませんので、ご近所さんやママ友などの友達関係にバレることはないでしょう。

 

 

 

主婦なら特に自己破産の案件を取り扱っているプロに依頼するべき!?

自己破産,主婦,女性,借金問題
主婦のあなたが債務超過に陥ってしまった場合、だんなさんやご主人さま、子供さんたちに絶対にバレたくないでしょう。

 

 

自己破産に強いプロとは、自己破産や債務整理を専門に扱っている弁護士や司法書士になります。

 

 

こういったプロの専門家は、あなたの状況や立場も考慮して最善の方法を選択してくれます。

 

 

確かに自己破産を自分でやることも可能です。

 

 

しかし、プロの専門家を頼ることで失敗しないための知識や経験が豊富なので、必ずあなたの役に立てるでしょう。

 

 

 

主婦のための自己破産まとめ

ここまで主婦のあなたが自己破産する場合のリスクやデメリットを紹介してきました。

 

 

主婦の方でもなんら恥じることなく自己破産をすることも可能だということを理解してもらったと思います。

 

 

そして、あなたは決して特別ではないことを認識し、自己破産することによる劣等感や、羞恥心は気にしないようにしてください。

 

 

何度も言いますが、大切なのは、『自己破産してしまうまで債務超過状態に陥ってしまった原因』をしっかりと追求し、今後は同様の状態にならない工夫と努力が必要です。

 

 

そして、債権者からの取立てや、だんなさん・ご主人さまや、子供さんにバレないで、心労から開放されて普通の生活を取り戻すことがいちばん大切です!


 
2017/01/16 09:41:16 |
世の中、貧富の格差は広がる一方で、何もしなくても株価上昇などで儲かっていく資本家や法人がある一方で、いくら働いても条件は改善されず低賃金のまま生活が苦しい労働者層も増大しています。このようなワーキングプアに陥っている人々の労働環境は総じて劣悪であり、いわゆるブラック企業や、派遣社員などの非正規雇用者が強いられるブラック労働であったりします。そして、こういった低賃金が慢性的に続くと、生活そのものも慢性的に苦しくなり、月々の支払いを行うために必要なお金も賄いきれずに、アチコチから借金して凌ぐようになります。このような借金で支払いを回すようなサイクルが常態化すれば、やがて借金は積もり積もって、気が付...
2017/01/08 16:10:08 |
様々な事情から、借金が嵩んでしまい、遂にはそれが債務超過までに膨れ上がって身動きが取れなくなると、破産手続きという選択肢が現実的になってきます。裁判所に破産を申し立てて、破産手続きを開始するわけですが、破産手続きには、個人が利用する個人破産と、会社や事業体などの法人が利用する法人破産があります。破産法という法律上の建前では、個人破産も法人破産も破産手続きは変わりない、ということになっていますが、実際は大きく違います。具体的な例を挙げると、財産(資産)の取り扱いや、免責に関しても、個人破産と法人破産では大きく違ってくるのです。更に、破産や自己破産と並んで、倒産という言葉も日常何気なく使っています...
2017/01/06 17:15:06 |
近年でも様々な経済的な事情により、年間で7万〜8万件を超える人々が毎年自己破産しているのが実情です。特に近年における特筆すべき傾向としては、2つの傾向が見られます。1つ目は「奨学金破産」です。これは、近年においては、大学生の約半数が奨学金を受けて大学進学し、卒業までずっと奨学金貸与に頼って大学生活を送る、というスタイルが一般化しています。しかし、卒業して就職しても、ブラック企業や、低賃金労働などで、奨学金の月々の返済が、困難になってそれを支払うために借金を重ねてしまうというパターンに陥るのです。こうなると、アチコチに借金が雪だるま式に膨らんでゆき、やがて債務超過状態になってしまい、パンクして借...
2017/01/05 17:11:05 |
日本においても貧富の格差は年々拡大傾向にあり、企業や経営陣、資本家などのごく一部の富裕層だけが富み、一般以下の労働者は賃金も上がらず労働環境は悪化する一途という状況を呈しています。そんな中、一家の家計を支えていかなくてはならない旦那さんの場合にも、長期の住宅ローンなどで持ち家を購入し、それらの月々の支払いでがんじがらめなんてことはザラにあると思います。そんな中、突然リストラされて自主退社に追い込まれたり、系列会社に左遷ならまだしも出向社員に格下げされたりして、賃金も目減りするなんてことは日常茶飯事です。このような場合においては、家計を切り盛りする主婦であるあなたにも多大な負担がかかり、少ない収...
2016/12/27 13:02:27 |
近年は日本でも貧富の格差は増大する一途で、中でも、労働者の雇用体系は、正社員にも増して非正規雇用の比率は増え続けています。そのためもあり、働けど働けど賃金は低く叩かれ続けて搾取され続けているお陰で、生活苦から借金まみれという人も減りません。一方で、近年では、大学進学者の約半数が奨学金を利用して大学に通っているという背景もあり、卒業後就職してからも非正規や低賃金の仕事のために、奨学金返済ができないというケースも激増しています。この奨学金というのは、単なる借金(負債)と同様ですから、返さなければ、督促状が届くようになったり、取り立ても厳しくなります。それで、遂には債務不履行状態が慢性化し、債務整理...
2016/12/26 12:53:26 |
やむを得ない事情で借金を重ねて、やがて多重債務となってどうにもこうにも借金でクビが回らなくなってしまったあなた−。このような事態に陥ってしまうと、夜も眠れないほどの借金地獄となり、生活自体が破綻する恐れも出てきます。そうなると、現実的にこの借金地獄から逃れる方策としては、債務整理しかありません。特に債務超過でにっちもさっちもいかない人は、債務整理の中でも、免責許可を受けて借金を0にできる自己破産を検討するのが現実的です。しかし、そうは言っても、実際に自己破産をするとなると、裁判所に自己破産の申し立てをして、破産手続きも行わなくてはなりません。自分でこれらをやってやれないことはないですが、法律的...
2016/12/19 13:46:19 |
旦那さんが、何らかの事情により借金をアチコチから重ねてしまい、遂にはクビが回らず借金地獄に陥ってしまって、さてどうしようかと途方に暮れている妻のあなた−。もうどうしようもないというところまで追い詰められていても、光はあります。夜逃げや一家心中といったようなネガティブな結論へ向かわずに、前向きに検討してみてください。まずは、借金をチャラにする方法を模索するのです。すると、あるではありませんか!?そう、債務整理です。特に、借金を基本的に0にしたいと望むのなら、債務整理の最終手段で、免責許可決定も得ることのできる自己破産を検討してください。「免責不許可事由」に該当しない限りは、自己破産が認められ免責...
2016/12/14 14:21:14 |
近年は、主婦でも借金に悩む人が増える一方ですよね。自分で仕事を持ち、独立収入のある共働きの主婦の場合はともかく、仕事をしていない専業主婦の場合には、夫の収入に100%依存しています。貸金業法などが改正されたこともあり、総量規制を設けるとともに、専業主婦が金融機関や消費者金融などでキャッシングする際には、旦那さんの同意が無いと借りられなくなりました。そのためにそれ以前なら、家計のやり繰りが苦しかったり、子供の教育費関連などで急な出費が要る場合でも気軽にカードがあればキャッシングできていた少額の借金ができなくなったのです。こういった背景もあり、ついソフト闇金などの違法貸金業者から5万円程度をチョコ...
2016/12/12 13:31:12 |
時代は年を追うごとにキャッシュレス化があらゆる分野で進んでいますよね。買い物をするにも、インターネットでもリアルの店舗でも、今や現金精算よりもクレジットカード払いの方が主流になっている場所も増えています。借金でクビが回らなくなり、債務整理の最終手段として自己破産した人は、免責許可決定を受けて借金は原則チャラになります。その代わり、金融的な信用も0になり、信用情報機関ではブラックリスト扱いが最低5年〜10年の間は続きます。ですから、自己破産者は、しばらく銀行や金融機関から借金はもとよりできませんし、ローンも組めません。基本、クレジットカード入会を申し込んでも、ブラックリスト扱いなので審査で落とさ...
2016/12/09 10:45:09 |
昨今は日本においても貧富の格差は増大し、一部の恵まれた職場を除くと、どんどんブラック企業に似た状況が蔓延しているのが現実です。そうした過酷な労働条件にも関わらず、低賃金という状況が続くと生活にはまったく余裕がなくなってしまいます。そして、何か急な出費や入用の際には、銀行その他の金融機関からキャッシングやカードローンなどで賄って、生活しているサラリーマンは非常に増えています。さらにブラック企業による劣悪な労働環境や、度を越した時間外労働などによる過大なストレスが引き金となり、精神に異常をきたし、うつ病などの精神疾患になってしまう人もいます。このように借金があるにも関わらず、仕事による過度のストレ...